豆腐料理 | ヴァロンの簡単料理レシピ
ヴァロンの簡単料理レシピ



ミツカンの新商品お試しイベント「勇気凛りんさんと納豆料理を楽しもう♪」で、2月25日に新発売された納豆マーボ豆腐の素納豆ジャージャー麺の素を食べてみました。

納豆は、健康を意識して食べられている食品のナンバー1ですが、ご飯にかけて食べられていることが、とても多いのだそうです。
お米自体の消費が減ってきているので、納豆の市場も減ってきていますが、簡単に美味しい納豆料理が作れる商品があれば、使ってみたいと思っている方がとても多いのだそうです。

今回は納豆マーボ豆腐の素納豆ジャージャー麺の素を、そのまま使用した料理と、料理ブロガーの勇気凛りんさんのアレンジレシピを食べてみました。

納豆マーボ豆腐







使用するお豆腐は絹ごしがお勧めだそうで、水切りは不要なので、すぐに作れます。
思ったよりも納豆の匂いが気にならなくて、納豆のとろみが全体をまとめています。マイルドな味なので、お子さんも美味しく頂けると思います。

アレンジレシピ カブのソテーねぎ納豆マーボソース。



カブの甘みと、ソースのピリ辛味がマッチしています。

納豆ジャージャー麺







わりと甘めで、よい意味で納豆が主張しなくて、匂いがかなり抑えられています。納豆の匂いが苦手な方でも、これならかなり食べやすいと思います。
普通のジャージャー麺よりも、こってりさや味の濃さがが控えめで、軽めのテイストです。

アレンジレシピ 酸辣湯つけ麺納豆うどん。



納豆は最期にトッピングして、お好みで七味をふって頂きます。
お酢が効いていてさっぱり頂けます。

納豆マーボ豆腐の素納豆ジャージャー麺の素は、それぞれ納豆と混ぜるだけなので、フライパンや鍋を使わないだけではなく、火や電子レンジも使わずに調理できますので、お子さんでも作れそうな簡単さです。
また、納豆の独特の匂いが和らぐので、納豆好きの方への新しい食べ方だけではなく、納豆が苦手な方で、特に匂いが苦手な方は、かなり食べやすくなっています。

ご飯だけではなく、今回のような麺類や、トーストなどのパン類にも合いそうですし、チーズなど色々な食材にも幅広く使えそうです。

(レシピブログの「勇気凛りんさんと納豆料理を楽しもう♪」イベントレポート掲載中)

勇気凛りんさんと楽しむ新しい納豆料理スタイル

勇気凛りんさんと楽しむ新しい納豆料理スタイル

2013.03.06 Wednesday | 豆腐料理 | comments(0) | trackbacks(0)



普段は簡単で美味しいお食事を作るようにしていますが、時間がある時には、少し手間のかかるものを作っています。手間をかけたものって、お料理に角の取れた丸みや深みが出て、おいしいですね。時が作ってくれるとでも言うのでしょうか。

今回は、滑らかな食感が特徴的で、精進料理の大定番である白和えを作ります。
白和えは、そんなに難しい料理ではないのですが、お豆腐を擦るのに時間がかかるんですね。
現代ではフードプロセッサーで作っても良いのかもしれませんが。。。でも、昔ながらのすり鉢とすりこぎで作ると美味しいです。

では、早速調理を始めます。

木綿豆腐1丁を数分、軽くお湯で茹でます。

2009-03-12 2009-03-12 002 015

あまり沸騰させると、お豆腐が崩れますからご注意を。
そして、ざるなどに入れて、よく水気を切ります。

2009-03-12 2009-03-12 002 016

今回のカラフル白和えに入れる食材は、赤&オレンジのパプリカ、小松菜、こんにゃくです。普通は、いんげん、しいたけ、にんじん、こんにゃく辺りかなあ。

赤とオレンジのパプリカが、なんともカラフルで春らしいですね。
この2種類のパプリカ、こんにゃく、小松菜はそれぞれ薄切りにします。
そして、1種類づつ、出し汁・お砂糖・お醤油・お酒で少し煮て、軽く下味を付けます。

2009-03-12 2009-03-12 002 011

2009-03-12 2009-03-12 002 012

ちょっと面倒ですが、1種類づつ煮るのがポイントです。パプリカは、けっこう色が出ちゃうので、それぞれの食材の色が鮮やかになるように個別に煮ます。
そして、水気を切ります。

先ほどのお豆腐を、いよいよ擦り鉢で擦っていきます。
カラフル白和えは、とにかく滑らかにしたいので、まず半量を擦ります。

2009-03-12 2009-03-12 002 018

擦ってきますと、段々とカッテージチーズのようになってきます。
でも、まだまだ擦ります。

2009-03-12 2009-03-12 002 019

そうすると、お豆腐の粒が小さくなっていき、今度はどろ〜りとした感じになってきます。

2009-03-12 2009-03-12 002 020

2009-03-12 2009-03-12 002 021

2009-03-12 2009-03-12 002 023

2009-03-12 2009-03-12 002 024

けっこう良い感じです。ボールなどに移して、また残りのお豆腐を同じくらいになるまで擦っていきます。

終わりましたら、先ほど擦ったお豆腐もすり鉢に戻して合体させます。

味付けをします。お酒・お砂糖・お醤油はホントにちょびっとだけ。擦りこぎで混ぜたら、赤とオレンジのパプリカ、こんにゃく、小松菜を投入します。

少し混ぜたら、滑らかな食感のカラフルな白和えの完成です!!

2009-03-13 2009-03-13 001 001

2009-03-13 2009-03-13 001 004

お豆腐がホントに滑らかで、クリーミーです。
お野菜も色が綺麗で、パプリカが甘くて、副菜にピッタリです。
この滑らかさは、特に女性が好みそうですね。

たまには、こんな手間のかかるお料理もいかがですか。


2011.09.18 Sunday | 豆腐料理 | comments(0) | trackbacks(0)