簡単すぐ作れるおせち料理!ミニ伊達巻 | ヴァロンの簡単料理レシピ
ヴァロンの簡単料理レシピ

おせち料理の中で、真っ先に食べてなくなるのが伊達巻です。伊達巻独特の、しゅわあ〜っとした食感と、ぐるぐると巻かれた形がなんともかわいらしいんですよね。

市販の伊達巻も美味しいのですが、せっかくなので、作ってしまいましょう。伊達巻って、けっこう簡単に作れるのです。

材量もこれだけ。

2008-12-31 2008-12-31 001 003

ラカントはお砂糖に変えても、OKです。ラカントだと、カロリーゼロなので、お正月に太りたくない人向けです(笑)

では、スタートです。

まずは、はんぺん半分をちょっと小さくちぎります。

2008-12-31 2008-12-31 001 004

そして、フードプロセッサーに、卵2個半・お酒大さじ1・はんぺんは大きいものを半分・お砂糖を1杯半を入れて、なめらかになるまで回します。

2008-12-31 2008-12-31 001 005

なめらかで綺麗ですね。ホットケーキの生地みたいです。ホットケーキよりも、伊達巻の生地は、ゆるゆるですがね。

2008-12-31 2008-12-31 001 006

伊達巻の生地を、あらかじめ温めておいたホットプレートやテフロン加工のフライパンなどで、ふたをして、弱火で焼きます。油はなしです。

2008-12-31 2008-12-31 001 007

5分くらい焼くと、表面がすこし乾いてきます。そうしましたら生地を取り出して、巻きすの上に伊達巻の焼き色が付いている方を、上にして置きます。

伊達巻の片面しか焼かないのですが、蓋をして焼いているので、大丈夫です。それに、余熱で火もはいりますしね。

そして、巻いていきます。巻きすの両端を輪ゴムで固定します。

2008-12-31 2008-12-31 001 009

このまま冷まします。

その間に、市販のおせち料理の中で結構使われている、柚子の入れ物を作りました。柚子の入れ物に、あとで、黒豆を入れるのです。なますを入れてもOKです。

柚子を水平に半分に切ります。中身は絞って、薄皮もスプーンなどで取ります。
そして、キッチンバサミで、チョンチョン切るだけです。

2008-12-31 2008-12-31 001 010

切り取った柚子は、お雑煮などにトッピングとして使えます。エコですね。

こうしていると、伊達巻が冷めます。では、巻きすを外します。

巻きすの筋がちゃんとついていて、綺麗です。

2008-12-31 2008-12-31 001 026

では、伊達巻を半分に切ってみます。

2008-12-31 2008-12-31 001 029

素晴らしい伊達巻の巻き加減! 我ながら、完璧!!

2008-12-31 2008-12-31 001 030

おせち料理の中で、この伊達巻のグルグル渦巻きが、かわいらしくて、いいんですよねー。

材量を用意する時間を入れても、30分以内で出来ます。しかも、手作りなので、すごく安いし。

今からでも、十分に作れますね。

関連記事


2008.12.31 Wednesday | おせち料理 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://recipe.varontaste.com/trackback/161
この記事へのトラックバック