ミツカン 新なっとうスタイル 納豆マーボ豆腐の素、納豆ジャージャー麺の素 | ヴァロンの簡単料理レシピ
ヴァロンの簡単料理レシピ



ミツカンの新商品お試しイベント「勇気凛りんさんと納豆料理を楽しもう♪」で、2月25日に新発売された納豆マーボ豆腐の素納豆ジャージャー麺の素を食べてみました。

納豆は、健康を意識して食べられている食品のナンバー1ですが、ご飯にかけて食べられていることが、とても多いのだそうです。
お米自体の消費が減ってきているので、納豆の市場も減ってきていますが、簡単に美味しい納豆料理が作れる商品があれば、使ってみたいと思っている方がとても多いのだそうです。

今回は納豆マーボ豆腐の素納豆ジャージャー麺の素を、そのまま使用した料理と、料理ブロガーの勇気凛りんさんのアレンジレシピを食べてみました。

納豆マーボ豆腐







使用するお豆腐は絹ごしがお勧めだそうで、水切りは不要なので、すぐに作れます。
思ったよりも納豆の匂いが気にならなくて、納豆のとろみが全体をまとめています。マイルドな味なので、お子さんも美味しく頂けると思います。

アレンジレシピ カブのソテーねぎ納豆マーボソース。



カブの甘みと、ソースのピリ辛味がマッチしています。

納豆ジャージャー麺







わりと甘めで、よい意味で納豆が主張しなくて、匂いがかなり抑えられています。納豆の匂いが苦手な方でも、これならかなり食べやすいと思います。
普通のジャージャー麺よりも、こってりさや味の濃さがが控えめで、軽めのテイストです。

アレンジレシピ 酸辣湯つけ麺納豆うどん。



納豆は最期にトッピングして、お好みで七味をふって頂きます。
お酢が効いていてさっぱり頂けます。

納豆マーボ豆腐の素納豆ジャージャー麺の素は、それぞれ納豆と混ぜるだけなので、フライパンや鍋を使わないだけではなく、火や電子レンジも使わずに調理できますので、お子さんでも作れそうな簡単さです。
また、納豆の独特の匂いが和らぐので、納豆好きの方への新しい食べ方だけではなく、納豆が苦手な方で、特に匂いが苦手な方は、かなり食べやすくなっています。

ご飯だけではなく、今回のような麺類や、トーストなどのパン類にも合いそうですし、チーズなど色々な食材にも幅広く使えそうです。

(レシピブログの「勇気凛りんさんと納豆料理を楽しもう♪」イベントレポート掲載中)

勇気凛りんさんと楽しむ新しい納豆料理スタイル

勇気凛りんさんと楽しむ新しい納豆料理スタイル

関連記事


2013.03.06 Wednesday | 豆腐料理 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://recipe.varontaste.com/trackback/212
この記事へのトラックバック