つけスパゲッティ ベトナム風&イタリア風 | ヴァロンの簡単料理レシピ
ヴァロンの簡単料理レシピ



パスタの新しい食べ方、つけスパゲティを作ってみました。
タレはベトナム料理のブンチャー風と、2種類のチーズを使ったトマト風味のイタリアン風の2種類作ります。

<材料(2人分)>

つけスパゲッティー 200g

<ブンチャー風 タレ>
ナンプラー 大さじ4
ニンニク  少々(スライス)
レモン汁  大さじ1
ワインビネガー 大さじ1
砂糖    大さじ2
鷹のつめ  1本(種をとる)
水     大さじ1
乾燥パクチー 少々
コショウ 少々

<イタリアン風 タレ>
つけスパゲッティ ピリ辛ミートソース 1袋
とろけるチーズ 25g
ブルーチーズ  10g

つけスパゲッティは、袋の表示通りに茹で、水で洗い、お皿に盛り付けます。







ブンチャー風のタレの材料を、すべて混ぜます。
ピリ辛ミートソースを温めて、耐熱皿によそい、チーズ2種類を入れて、トースターで焦げ目をつけます。







お好みのタレをつけながら、頂きます。

つけスパゲッティは、初めて食べてみましたが、茹で時間3分という短さなので、あっという間に茹であがるのが便利です。



食べてみますと、つるつるとした食感と、噛むごとに小麦の旨みと香りが、口の中に広がって、なかなか美味です。

イタリアン風のタレは、袋には、ピリ辛と書いてありますが、辛みは殆どわかりませんでした。
ミートソースの濃厚さに、ブルーチーズのコクと風味も加わり、大人好みの味わいになっています。
ワインなどのアルコールにも合いそうです。



ブンチャー風のつけダレは、甘酸っぱいので、これからの季節にもピッタリで、爽やかに頂けます。
米酢ではなく、ワインビネガーを使ったので、ツンとくる酸味が少ないので、食べやすいと思います。




関連記事


2013.05.05 Sunday | パスタ | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://recipe.varontaste.com/trackback/224
この記事へのトラックバック